『いずみさき』教育の里のご紹介!岬町に廃校になった学校があり、いまは資料館として使われています。その一角を利用して学校に行けない.行かないことを選んだ子の居場所となる小さな学校を作ろうとしている元教師達がいます!

こどもが地域の学校に行けなくなり、こどもも親も苦しむ時期があります。そんな時期にすぐに話しを聞いてくれる場所!すぐにこどもが安心して学べる場所をつくろうとしています。その小さな学校で、こどもは自分らしい心を取り戻し、自信が持てればこどもはまた少しずつ地域の学校へ通うことができるかもしれない。こどもの可能性を見守り、自分の未来に勇気が持てるように、、未来に向かっていく道を作りながら歩くのはこども自身ですよね。苦しい心を癒す場所がないと、未来へ歩いている実感なんてもてません。家ももちろん居場所です!ただやはり人はつながる生き物です。ひとは人に癒され、信頼できる人に出会い認めてもらえた時に、自分に自信をもつことができます。だからこそ少しでも顔と顔を向き合わすどこかに、そして誰かと繋がって欲しい。

私も親族が引きこもりを長く続けていました。今考えると私も学校が苦手で勉強からも逃げたくて高校を中退しました。うちの子も学校という場所がしんどくて、行かない選択をしています。でも学ぶことの素晴らしさや人とつながる温かさは知っています!だからこそ、その小さな学校を待ち望む一人として、その小さな学校やこども、親達を応援したいと思っています!!

⬇︎岸和田市、貝塚市でも不登校についてアクションを起こしこども達の為に奮闘してくれている人達がいます!!

⬆︎岸和田で不登校について考える会のメンバーの活動内容を紹介します。 

↑はひつじのいえのスタディハウスの学習ボランティアにも来てくださっている中馬さんの活動です。
中馬さんは、フリースクールや訪問支援などの経験を長年されていて、たくさんの不登校のこども達にかかわってこられています。ぜひにホームページを確認してみてくださいね!!

⬇︎貝塚市にも!!学校に行かない選択をした親子のための居場所があります! 

貝塚市の山手地区公民館で開催!

ch∞es(チューズ)!貝塚市で不登校の居場所を開催しています。外に出かけたり、公民館の調理場を利用してみんなで作る!を経験できたり、楽しみがたくさんあると感じました♫

岸和田市春木町に週に2日開催中のフリースクールが出来ました!!

ココまな!!元中学校教師が立ち上げたスクールタイムコースです♪自分でやりたいことを決め学習したり、趣味にとりくんだり、会話をしたりとこどもが主人公の居場所!!魅力的な先生達と過ごす時間はこどもにとって心の財産になると思っています♫

  • トピックス!!★りんくうルームについて★ひつじの看板犬について
  • ★りんくうルームは元適応指導教室所長や府教委などの経験を経た辻下先生が、不登校のこどもや親御さんの話しをじっくり聞き、こどもへの対応や学校との連携方法などをお話し下さいます。個人、また集団カウンセリングを実施されていますよ。藤原が仲介することもできます!お問い合わせくださいね!
  • ★ひつじのいえの看板犬の『ゆるり』ちゃんです。推定8歳!保護犬カフェ堺店さんから譲渡してもらいました!もう少し環境に慣れたら、sheep⭐︎room不登校の居場所の時にひつじのいえに登場しますよ!

powered by crayon(クレヨン)